1. 用の美

    松江 袖師窯 コロー「イタリア風景 日の出」

    100年の風格ここ近年、道路事情が益々良くなり、鳥取市から松江市まで車で2時間30分で到着出来るようになりました。行きたい場所に行って、見たいものを見れるというのは本当に幸せなコトです。1877年に開窯しておよそ115年袖師窯は宍道湖の湖畔に長い歴史と共に静かに佇んでいました。 1893年二代目尾野岩次郎氏が、小泉八雲の美しい…

  2. 私のアトリエからの…

    鳥取民藝 用と観の梅紋 それぞれの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」

    梅五郎さんの梅紋鳥取市河原町にある牛ノ戸焼は歴史の深い窯元です。黒と緑を半々に振り分けた釉薬と梅の柄は素朴な印象ながらモダンで美しいデザインですね。…

  3. 用の美

    柳宗理プロダクトデザイン 藤田嗣治「台所の少女と猫」

    戦後日本を代表するプロダクトデザイナー島根県立美術館より開催中の「柳宗理デザイン美との対話」にて、戦後日本の美しきモノつくりの世界に没頭してきました。スプーンや…

  4. まち*ごと

    まちの速度 ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」

    住みたい田舎ランキング宝島社が発刊している「田舎暮らしの本」で、全国の市町村からアンケート調査を実施し、毎年「住みたい田舎」がランキング形式で発表されていま…

  5. 私のアトリエからの…

    入れ墨文化 葛飾北斎・応為「唐獅子牡丹」

    背中(せな)で泣いてる・・・屈強な唐獅子と美しい牡丹和彫りの絵柄として有名な「唐獅子牡丹」ですね。義理と人情を秤にかけりゃ義理が重た…

  6. 用の美

    日本茶の手技 ターナー「グレート・ウェスタン鉄道」 

    翠香園津田茶舗倉吉市西町の江戸時代から続く、老舗のお茶屋さんで、日本茶の飲み比べという貴重な体験をさせて頂きました。お茶と和菓子が設えられたお膳を見た時、私は心…

  7. まち*ごと

    倉吉市明倫「コレデ堂」 長谷川富三郎「富士曼陀羅」

    明倫AIR(アーティスト・イン・レジデンス)鳥取県中部の玄関口である倉吉市2010年 白壁造りの土蔵が多く昔ながらの商店、オタク文化や新しい感性の商…

  8. 私のアトリエからの…

    駆け出し作品 ロートレック「洗濯女」

    あるもので制作することに邁進かれこれ20年前の恥を晒します。これは私がドールハウス制作を始めたばかりの頃の作品です。粗だらけで人様に…

  9. まち*ごと

    城下から見る鳥取城跡 ゴッホ「星月夜」

    遠方からの造形美私は過去記事-鳥取城天球丸跡から見るまち-で記した通り、季節毎に鳥取城跡の展望台から鳥取のまちを見つめることが習慣となっています。実は私、とって…

  10. ヒューマン☆マニア

    パラレルキャリア ルーベンス「ヤヌス神殿」

    フル稼働の名刺を二枚持つ対人援助職の仕事28年 創作活動21年。ふと気が付けば二つの職の名刺を使い分け「私はこういうものです!」と名乗ることが普通の日常となって…

  1. まち*ごと

    10年後の‥‥
  2. commonday

    傘が無い~・・・
  3. commonday

    ずぼら人間になりましてん。。
  4. 日々諸々

    搬入
  5. 私のアトリエからの…

    本年度も張り切ってまいりましょう!
PAGE TOP