未分類

レボリューション

じめじめした日が続きますね。。
休日で大物洗濯と布団干しをしよう~と思った日には雨が降るという・・・ジレンマっ!!
お天気のことなので仕方がないですけどね。

と・・・季節の挨拶から入るブログも粋でしょっ!うふっ(←きもっ!!)
本日、遡ること225年前1789年7月14日はフランス革命勃発の日。
近しい身内の誕生日でもあり、何をするってことでも無いけど一年の内に数日”意識する日”の一つでもあります。

花の都パリ~~*。・.*。・・・と言われますが、私が初めてパリの地に立った時に発した言葉は・・・「臭ーーーーーーー!!」・・・でした。五感の中で一番早く脳に伝達されるのは嗅覚で、私は結構鼻が利くタイプだったことも災いしてしまったようです。
お洒落でフロ~ラルなイメージが尽く崩れ落ち・・・その抜けスペースに”犬の糞だらけ””風呂に入らない””利己主義”・・・というピースを組み入れていったら、そこそこ説得力のあるパリの新たなイメージが出来上がっていくのでした。
セーヌ川の美しい欄干の橋に美しい景色。そこに美しく着飾ったマダムと美しく着飾ったプードルがやってきました。マダムは何のためらいも無く橋の真ん中でプードルに糞をさせて放置したまま優雅に去っていきます。その糞のすぐ横には美しい男と女が人目も憚らずチュッチュッチュッチュッしてます。。。
なるほどーーー!これが異国の地パリなのかーーーっ!
とアラサーにして初めてアイデンティティというものを強烈に肌と頭で感じたのでありました。

フランス革命渦中のパリは、活気と共に理性を失った人間の愚行により、川も水路も血と肉片で溢れている状態であったと文献で見ました。
しかしながら外部からの侵略である戦争との違いでもあるけど、建物や街が破壊されていない所にはフランス人の誇りを感じます。革命前の建物が今も現役バリバリのアパルトマンだったりなどは、よく見聞きする話しです。

狭い・臭い・汚い と花感ゼロである街が花と呼ばれ、世界中の人々を魅了し続けている理由は歴史的建造物、最先端のおしゃれ、美食・・・だけでは無いと思います。
深い・・・深すぎるぞ!パリーーーーー!!

Con01

自分の中の何かを変えたくなったらパリに行きましょう。
ガイドブックでエッフェル塔・凱旋門・シャンゼリゼ通り・マカロン・アメリのクリームブリュレetcなど、思いっきり!これでもかっ!ってくらい甘ったるい情報のみを入手して華やかなイメージを膨張させて渡仏したほど効果がでます!

ジュ・テーム~

関連記事

  1. 未分類

    小鳥の来る街

    訪問から事務所に帰ると涼しくて嬉しくて変なテンションになります。「は~…

  2. 未分類

    実家でお盆

    お盆は少しだけ実家ですごしました。甥っ子たちの成長著しいことに驚…

  3. 未分類

    100均の食器でもね!

    はい~!皆様~「ラスク DE GO!」のコーナーです。(・・・いつか…

  4. 未分類

    宝物がやってきた!

    もう、さんざん言い尽くして口が酸っぱいですけど・・・暑い!夏さん・・も…

  5. 未分類

    変わらない変化

    とうとう鳥取、雪降ったっ!今は溶けて隅っこ少し残っている程度だけど・・…

  6. 未分類

    秋の装い

    インフルエンザの予防接種しましたか~~?私は2日前に済ませました。…

  1. 水曜日おひとりランチの会

    水曜日おひとりランチの会7
  2. 未分類

    早朝からロコモコ
  3. 未分類

    くまさん
  4. 未分類

    夜に荷造り
  5. 未分類

    Niceナイスーぅ!おまけ!
PAGE TOP