hanaと浮世絵

歌川広重 月と兎

月兎

月を一心に見つめる兎の姿とすすきの月影が風情がある浮世絵ですね。

元絵は歌川広重の月と兎です。

団扇にするために描かれたらしく小ぶりな絵で、色もモチーフも少ないのに秋夜の静けさが伝わってくる表現力の高さには脱帽です。

広重は日本の風景をたくさん描いていますが動物が登場するほっこり系の絵がたくさんありまね。

月夜の静けさと兎の可愛さの邪魔をしないようにhanaさんを隅っこに持ってきたら片目だけの描写となりました。

でもバランスは大切です!

しかし・・・です。

この作品はボストン美術館所蔵。

他のたくさんの浮世絵にも言えることですが所蔵が外国の美術館だというのが何となく悔やまれてなりませんね。。。

関連記事

  1. hanaと浮世絵

    葛飾北斎 富嶽三十六景山下白雨

    「富嶽雨富士」凱風快晴が赤富士と呼ばれる対…

  2. hanaと浮世絵

    歌川国芳 宮本武蔵の鯨退治

    大鯨奇想の絵師と呼ばれた歌川国芳が、宮本武…

  3. hanaと浮世絵

    葛飾応為 夜桜美人図

    「夜桜一句」星空のもと、灯篭の灯りを頼りに…

  4. hanaと浮世絵

    葛飾応為 蝶々二美人図

    蝶々涼み釣り忍の輪から二匹の蝶が舞うそれを…

  5. hanaと浮世絵

    葛飾応為 朝顔美人図

    「朝顔涼み」どこか悲しげな面影で朝顔を見つ…

  6. hanaと浮世絵

    歌川国芳 坂田海童丸

    「金太郎」元絵は歌川国芳の坂田怪童丸です。モデルとなった坂田金時(幼名…

  1. 用の美

    鳥取湖山 阿弥陀堂 ミレー「晩鐘」
  2. 未分類

    継続中
  3. 未分類

    搬入
  4. 未分類

    DMH展終わりました。
  5. 未分類

    ふまえて~
PAGE TOP