hanaと浮世絵

葛飾北斎 神奈川沖浪裏

富嶽大波

凶暴なほどに荒れ狂う大波、それにもまれるように進む三艘の船、そのうねりから富士山を垣間見る。

あまりにも有名なこの元絵は、単なる浮世絵作品と言うより、日本の象徴、宝と言っても過言ではありません。

絵師である北斎の奇才っぷりは言わずもがな・・・ですが、版板を掘る堀師や色を入れて摺り上げる摺師の技術の高さも並大抵ではありません。

この絵は海外からも大人気で、約5000枚から8000枚摺られたのではないかと言われていますが、現存するのは世界でたった100枚程となっているようです。

所蔵している美術館によって波の色や雲の形などが微妙に違っているようです。

まあ~それはそうでしょう!

1枚目に摺られたモノと8000枚目に摺られたモノでは絵の具の質の変化や経年劣化は否めません。

初摺り作品は200枚とのことですが、どこの美術館が所蔵しているのかがわかりませんが、ぜひとも調査して一度は初摺り作品を拝見したいものだと楽しみにしています。

この元絵を描くとき「満を持してこの絵を描く!!」と必要もないオマージュ宣言をしてから描き始めました。

私としては生意気にも絵師として北斎に挑む気構えでいたのです。。

なので、hanaさんにも果敢にサーフィンで大波に挑んでもらうという仕上がりなりました。

浮世絵のオマージュは先人の巨匠方へのリスペクトが無いと細部までモチベーションを継続して描き続けることが難しい・・・

それを再認識できる大切な作品となりました。

 

関連記事

  1. hanaと浮世絵

    葛飾応為 蝶々二美人図

    蝶々涼み釣り忍の輪から二匹の蝶が舞うそれを…

  2. hanaと浮世絵

    葛飾応為 夜桜美人図

    「夜桜一句」星空のもと、灯篭の灯りを頼りに…

  3. hanaと浮世絵

    歌川国芳 艶曲揃

    「チェック」背中に猫を乗せて読書している芸…

  4. hanaと浮世絵

    葛飾戴斗 立美人図

    「龍宝玉」柄を引立たせるようにゆったりと結…

  5. hanaと浮世絵

    葛飾北斎 鵙 翠雀 虎耳草 蛇苺

    瑠璃雀 蛇苺元絵の題名は( もず るり ゆ…

  6. hanaと浮世絵

    葛飾応為 竹林の富士図

     暁の筍竹林の向こうに、白富士が浮かぶ美し…

  1. 未分類

    GW
  2. 未分類

    中心街ぷらぷら
  3. 未分類

    地元にあいさつ
  4. 未分類

    ウメ金網喰らう・・・
  5. 未分類

    共依存親子
PAGE TOP