hanaと浮世絵

歌川広重 水道橋駿河台

「錦鯉」

画面一杯の鯉のぼりを、もう一匹目の鯉のぼり目線で描いたような、広重ならではの構図ですね。

本郷台地からの駿河台の眺めとのことですが、神田川と富士山を同時に眺められた江戸時代に思いを巡らせると不思議な感覚になります。

7歳以下の男児がいる家では鯉のぼりを上げて盛大にお祝いをしたとの記述がありますが、

富士山を望みながら5月の快晴の空に幾つもの鯉のぼりが舞う・・・

なんて豊かで贅沢な景色なのでしょう!

オマージュは、hanaさんが女の子なので、どうにか女の子の節句に変換できないものか・・・と考えた結果、お家にお雛様を飾り春の快晴の日に高台の一等地に錦鯉を掲げる景色ということを妄想し錦絵に仕上げてみました。

中々の強引さではありますが、広重の世界観は残せたのではないかと自己満足しております。

関連記事

  1. hanaと浮世絵

    葛飾北斎 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ瀧

    「富嶽大瀧」ずい分とデンジャラスな場所で男…

  2. hanaと浮世絵

    葛飾北斎 富嶽三十六景凱風快晴

    「富嶽赤富士」富士山の浮世絵と言えば、赤富…

  3. hanaと浮世絵

    葛飾応為 朝顔美人図

    「朝顔涼み」どこか悲しげな面影で朝顔を見つ…

  4. hanaと浮世絵

    月岡芳年 月百姿

    孫悟空芳年が晩年に描いた月百姿玉兎孫悟空が…

  5. hanaと浮世絵

    歌川広重 真崎辺り水神の森内川関屋の里を見る図

    白川船頭元絵の題名が長いので、作品の題名を…

  6. hanaと浮世絵

    葛飾応為 蝶々二美人図

    蝶々涼み釣り忍の輪から二匹の蝶が舞うそれを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 11月 01日
    トラックバック:do you need prescription for viagra
  2. 2020年 11月 04日
    トラックバック:is viagra now available in generic form
  1. 未分類

    御台所
  2. 未分類

    雑貨っていい!
  3. 文化菓子

    弁天まんじゅう
  4. hanaと浮世絵

    歌川広重 水道橋駿河台
  5. 未分類

    宮大工のDNA
PAGE TOP