hanaと浮世絵

ロートレック ル・ディヴァン・ジャポネ

「ジャポネ」

世相を描き出すのが浮世絵だとしたら、こちらも間違いなく浮世絵でしょう。

舞台はベルエポックのパリ

モデルはモンマルトルの人気踊り子ジャンヌ・アヴリルと音楽評論家のエドゥワール・デュジャルダン

場所は当時パリで流行していたカフェ・コンセール(音楽喫茶)

画家はアンリ・ド・トュールーズ・ロートレック

世界的にも有名な絵ですね。

ロートレックは不幸な事故で足の成長が止まってしまいました。容姿に計り知れないコンプレックスを抱え、芸術を生き甲斐とし、大衆芸術であるポスターに活路を見出したくさんの作品を残しました。

当時フランスでは日本趣味がブームになっていて、この絵のカフェの店名も「ディヴァン・ジャポネ」日本の長椅子という意味であるようです。

実際に日本の浮世絵に影響を受けたパリの画家が多数いて、特にロートレックは熱心に研究を重ねました。

そして、石板リトグラフという方法で単に宣伝媒体であったポスターの芸術性を高める大いなる功績を残しています。

ロートレックがこの絵を描いた時代の日本は、まさに幕末真っただ中・・・・・

日本中が明日の命さえ保証されない動乱の中で、芸術は軽んじられてたくさんの浮世絵が海外に流れていきました。

仕方がない時代だったとは言え、幕末の内乱と同じくして、フランス革命というとんでもない動乱を乗り越えたフランスには名だたる芸術作品の数々が現存しています。

この現状の違いに、もう少し目を向けた方が良いように感じます。

hanaさんは女子なので当然アヴリルにオマージュする・・・・って思われたかもしれませんが、パトロンのエドゥワールを担ってもらいました。

なぜかと言うと、ロートレックは女性に極端なデフォルメを施すことで有名で、どんな美人さんでも残念な仕上がりになっているのです。

ただ単にアヴリルを美しく描いてあげたかった。。。そんな理由です。

外国の浮世絵のオマージュ これからも、どんどん描いていこうと思います。

関連記事

  1. hanaと浮世絵

    歌川国芳 宮本武蔵の鯨退治

    大鯨奇想の絵師と呼ばれた歌川国芳が、宮本武…

  2. hanaと浮世絵

    葛飾北斎 尾州不二見原

    富嶽大桶作り葛飾北斎 富嶽三十六景 尾州不二見原 別名「桶屋の富士」と…

  3. hanaと浮世絵

    葛飾北斎 鵙 翠雀 虎耳草 蛇苺

    瑠璃雀 蛇苺元絵の題名は( もず るり ゆ…

  4. hanaと浮世絵

    葛飾北斎 神奈川沖浪裏

    富嶽大波凶暴なほどに荒れ狂う大波、それにも…

  5. hanaと浮世絵

    歌川広重 水道橋駿河台

    「錦鯉」画面一杯の鯉のぼりを、もう一匹目の…

  6. hanaと浮世絵

    葛飾応為 三曲合奏図

    音合わせ「音合わせ」という題名にしたこの作…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 11月 16日
    トラックバック:zovirax pills
  2. 2020年 11月 18日
    トラックバック:use of naltrexone for alcoholism
  3. 2020年 11月 19日
    トラックバック:what is dapoxetine used for
  4. 2020年 11月 23日
    トラックバック:does ivermectin affect blood pressure
  5. 2020年 11月 28日
  1. 未分類

    10年後の‥‥
  2. 未分類

    たにくん成長中
  3. 未分類

    Sarasaごもり。。
  4. 未分類

    しゃんしゃん
  5. 未分類

    プチボックス
PAGE TOP