hanaと浮世絵

葛飾戴斗 立美人図

「龍宝玉」

柄を引立たせるようにゆったりと結んだ帯

幾重にも重ねた着物

豪華絢爛な打掛

独特な立ち姿に高さのある履物

元絵は遊女の最高峰「花魁道中」のいでたちですね。

絵師は「葛飾戴斗(かつしかたいと)」51歳の葛飾北斎です。

生涯において画号の改名30回、引っ越し93回・・・と、まあ奇人ぶりは有名ですね。

落款に”北斎改戴斗筆(ほくさいあらためたいとひつ)”とあるので北斎から戴斗へ改名したての頃の作品なのでしょう。

目も眩むような美人画をいくつも描き上げたのち、北斎漫画で有名なラフなスケッチ画を膨大に描き残しているのが戴斗と名乗っていた時期です。

独自の色艶を表現し美人画を極め、膨大なスケッチ画でありとあらゆるモノを描きつくした50代の北斎は、不朽の名作「富嶽三十六景」を世に送り出した60代へと繋がっていきます。

私は結髪を下した花魁の絵を初めて見ました。

全体的に暗いトーンなのですが、しっかりと色艶が伝わってくるのは、遊女の最高峰に君臨しているのだという、花魁の揺るぎない自信と華やかさからなのでしょう。

北斎が手掛けた美人画の中でも特別な存在だったのかもしれません。

オマージュは打掛から龍を外に出してみました。

幸せを願い、龍とhanaさんには宝玉を持ってもらい、稲妻の打掛がクールでパワーのある錦絵に仕上がったと思います。

自信満々の花魁を現代風にするにあたり、某女優さんをイメージしましたが・・・某女優さんが現在あまりよろしくない状況にいることが残念なところです。

関連記事

  1. hanaと浮世絵

    葛飾応為 三曲合奏図

    音合わせ「音合わせ」という題名にしたこの作…

  2. hanaと浮世絵

    葛飾応為 朝顔美人図

    「朝顔涼み」どこか悲しげな面影で朝顔を見つ…

  3. hanaと浮世絵

    歌川国芳 宮本武蔵の鯨退治

    大鯨奇想の絵師と呼ばれた歌川国芳が、宮本武…

  4. hanaと浮世絵

    歌川国芳 艶曲揃

    「チェック」背中に猫を乗せて読書している芸…

  5. hanaと浮世絵

    葛飾応為 蝶々二美人図

    蝶々涼み釣り忍の輪から二匹の蝶が舞うそれを…

  6. hanaと浮世絵

    歌川広重 真崎辺り水神の森内川関屋の里を見る図

    白川船頭元絵の題名が長いので、作品の題名を…

  1. 未分類

    フォーチュンフロッグ
  2. ヒューマン☆マニア

    オキュパイド・ジャパン 藤田嗣治「アッツ島玉砕」
  3. 用の美

    鳥取のガーゴイル
  4. 未分類

    撮影会に流れ~の~
  5. 未分類

    なんてこった~
PAGE TOP