私のアトリエからの…

入れ墨文化 葛飾北斎・応為「唐獅子牡丹」

背中(せな)で泣いてる・・・

屈強な唐獅子と美しい牡丹

和彫りの絵柄として有名な「唐獅子牡丹」ですね。

義理と人情を秤にかけりゃ義理が重たい男の世界

と・・・任侠映画の主題歌でも歌われているとおり、侠客の世界の代名詞とも言える図柄でもあります。

アンダーグラウンドな男の世界は横に置いといて

この唐獅子と牡丹というのは、はるか昔から伝わる花鳥の組み合わせなのです。

私は唐獅子と牡丹が、一つの組み合わせとなっている図柄の深い意味に関心があり、錦絵に仕立てました。

百獣の王と百花の王

唐獅子は百獣の王の異名を持つほど最強で向かうところ敵なしの象徴です。

しかし、その唐獅子にも唯一の弱点があります。

唐獅子が恐れるモノは、身体の奥深くに寄生し、やがて唐獅子の皮膚を喰い破る害虫の存在で

この害虫は、百花の王牡丹から滴る夜露に触れると死んでしまうのです。

なので、唐獅子は夜になると牡丹の花の下で眠りにつきます。

百獣の王が、この世で唯一安らげる場所が、百花の王の袂となるわけですね。

屈強な男が背中に唐獅子と牡丹を背負って命をかけて孤高に極めた道を生きていく・・・。

とてもストレートな美徳の世界観ですね。

葛飾北斎・応為「唐獅子牡丹」

真ん中の唐獅子が北斎、周囲の牡丹が応為

という親子合作であることを大々的に周知している珍しい作品です。

父と絵筆を共に出来る応為の高揚感が華やかな多色の牡丹として伝わってきますし

唐獅子の躍動感に喜んで絵筆をとっている北斎の姿が思い浮かびます。

映画 昭和残侠伝「唐獅子牡丹」の劇中歌の歌詞に

親の意見を承知で拗ねて曲がりくねった六区の風よ

つもり重ねた不幸の数を何と詫びよかお袋に

背中で泣いてる唐獅子牡丹  と・・・あるのですが、

互いを信頼し美の競演を果たす絵師親子が幸せの象徴として表現した唐獅子牡丹

アンダーグラウンドな世界を生きる親不孝の象徴として表現された唐獅子牡丹

長い時をかけて時代と文化が重なり続けると、同じ題材ながらこのような変化が生まれるのかと興味がつきません。

変化を楽しみながら文化を探求していく

これは、今を活きるためのヒントがたくさん見つかるような気がしています。

関連記事

  1. 私のアトリエからの…

    入れ墨文化 葛飾北斎「八方睨み鳳凰図」

    身体加工の美少しアンダーグラウンドな世界へ・・・デジタル浮世絵師となり…

  2. 私のアトリエからの…

    駆け出し作品 ロートレック「洗濯女」

    あるもので制作することに邁進かれこれ20年…

  3. 私のアトリエからの…

    謹賀新年

    あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます…

  4. 私のアトリエからの…

    アーティストの未来

    「芸術の定義」一定の素材・様式を使って、社会の現実、理想とその矛盾や、…

  5. 私のアトリエからの…

    歴代のパン

    ミニチュア・ドールハウスの制作を始めて、なんだかんだで20年以上になり…

  6. 私のアトリエからの…

    クマのhanaさん

    クリエイターとしてのお話を聞いてくださいませ。今、この世に無いモノを生…

  1. 未分類

    アリスドロップス
  2. 未分類

    ネコさん!時間指定やでーー!
  3. 未分類

    うにの味
  4. 未分類

    切り替えて!切り替えて!
  5. 未分類

    Sarasaオールキャスト
PAGE TOP