まち*ごと

鳥取城跡三階櫓から見るまち ワッツ「希望」

根本的に変わらないまちなみ

定期的に登っている鳥取城跡に行ってきました。

新型コロナウィルス感染予防で持ち物も少なく極力短時間に抑えたためカメラを持っていきませんでした。
画像は少し前のモノとなります。

昭和39年(1964年)に鳥取城跡天球丸あたりから鳥取西高等学校と県庁を写した古い画像です。

遠くに鳥取のまちなみが見えます。

令和元年(2019年)に鳥取城跡三階櫓付近で県庁方向から仁風閣を写した画像です。

高い建物の殆どがマンションなのですが、垣間見えるまちなみから山に抜ける景色の根本が大きく変化していないことに気づき、何度も見比べてしまいました。

高度経済成長期真っ只中である昭和39年

日本国総力をあげて近代化と利便性を推し進め、まちの人々の暮らしや価値観に大きな変化が訪れた時代だったのではないでしょうか。

その時代から約半世紀の時を経て、中心市街地の高層建築物から垣間見える遠くの景色が変わらないというコトは郊外海山間部に大きな変化が無かったというコト。

鳥取のまちの根本を支えてきたのは郊外や海辺、山間地域に暮らす人々であったのではないかとの思いに至ったのでした。

そして自粛と抑制で未来が見えにくくなっている現在に、何かを語りかけてくるような絵画が心に浮かび上がります。

一本の弦から読み解く光

ジョージ・フレデリック・ワッツ「希望」

視力を失った少女が、弦が切れた竪琴の唯一残った一本の弦に耳を傾け、何かを聞き取ろうとしています。

「希望」という題名なのですが、何だかとても痛々しくて悲しい印象を抱く絵画です。

この絵の作者のフレデリック・ワッツはイギリスの画家、彫刻家で象徴主義に深く関わっていました。

象徴主義とは19世紀後半に起きた芸術運動です。

科学技術の発展から物質的豊かさが加速する時代は「このままでは人が得体のしれないモノに獲りこまれてしまう!」と、かえって人々の不安を増長させる時代でもありました。

そこで芸術家たちにより死生観、運命など形のない目には見えないものを表現して人々の心の不安を和らげよう!という動きが生まれます。

それが象徴主義です。

ワッツは若い頃”人間の精神的かつ社会的進化を描いた壁画に覆われた建物”を建てたい!という願望を持っていました。
欲していたものは建築物という、とても解りやすく形あるものでしたが、その願望は生涯叶うことはありませんでした。

晩年のワッツの作品は神秘的な絵画が中心となっており”物質的な希望”に手が届かない不安や無念さがスピリチュアルな表現へと導いたのか?と勝手ながら解釈しています。

形の無いモノへの価値感

ワッツの「希望」という絵画に続きがあるとしたら私はこう妄想します。

失くした視力と引き換えに、優れた聴力を手に入れた彼女は、微妙な音の違いを敏感に読み解き、一本の弦で美しい音楽を奏でる奏者へと成長するのでした。

一本の弦の竪琴で奏でられる音楽が素晴らしいと人々は音楽を絶賛しますが、この感覚的技術は彼女の頭の中にしか存在しないことを忘れてはいけません。

音楽が素晴らしいのではなく、彼女が素晴らしいのです。

いかがでしょう~~。私のエソラ物語。

これからは日本のみならず全世界的に価値観の大転換期にきています。

形の無いモノへの価値をどう見出していくかが今後大切なkeyになる

高層建築物の隙間から見える物質的には大きな変化が見られなかった郊外のまちなみにこそ大切な何かがあるのでは無いか・・・・

そんなことを考えながら眺める景色に一段と愛おしさが増してきています。

関連記事

  1. まち*ごと

    心のこり

    新しい月と週の始まり。今月で今の役所の職場から移動をするのでバタバタし…

  2. まち*ごと

    まちあるき

    連休最終日です。良い天気~今日は楽しみにしていた中心街活性化のイベ…

  3. まち*ごと

    鳥取松崎 汽水空港 マネ「オランピア」

    人手の要る湖東西に細長い鳥取県の丁度真ん中…

  4. まち*ごと

    まちから山から・・・

    制作三昧のシルバーウィークも今日で終わり。明日から介護の仕事は超多…

  5. まち*ごと

    夕暮れ前雑貨屋さんめぐり

    んん~!インテリア雑誌読んでたら形にしたくなりました。(もちろん原寸で…

  6. まち*ごと

    まちの速度 ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」

    住みたい田舎ランキング宝島社が発刊している「田舎暮らしの本」で、全…

  1. ヒューマン☆マニア

    笑顔でリセット
  2. 水曜日おひとりランチの会

    水曜日おひとりランチの会32薬膳カレー
  3. 日々諸々

    東京のおうちアトリエ
  4. 私のアトリエからの…

    23日やんか!
  5. 水曜日おひとりランチの会

    水曜日おひとりランチの会54nee再
PAGE TOP