hanaと浮世絵

歌川広重 月と兎

月兎

月を一心に見つめる兎の姿とすすきの月影が風情がある浮世絵ですね。

元絵は歌川広重の月と兎です。

団扇にするために描かれたらしく小ぶりな絵で、色もモチーフも少ないのに秋夜の静けさが伝わってくる表現力の高さには脱帽です。

広重は日本の風景をたくさん描いていますが動物が登場するほっこり系の絵がたくさんありまね。

月夜の静けさと兎の可愛さの邪魔をしないようにhanaさんを隅っこに持ってきたら片目だけの描写となりました。

でもバランスは大切です!

しかし・・・です。

この作品はボストン美術館所蔵。

他のたくさんの浮世絵にも言えることですが所蔵が外国の美術館だというのが何となく悔やまれてなりませんね。。。

関連記事

  1. hanaと浮世絵

    歌川国芳 宮本武蔵の鯨退治

    大鯨奇想の絵師と呼ばれた歌川国芳が、宮本武…

  2. hanaと浮世絵

    葛飾北斎 富嶽三十六景山下白雨

    「富嶽雨富士」凱風快晴が赤富士と呼ばれる対…

  3. hanaと浮世絵

    歌川国芳 艶曲揃

    「チェック」背中に猫を乗せて読書している芸…

  4. hanaと浮世絵

    葛飾応為 夜桜美人図

    「夜桜一句」星空のもと、灯篭の灯りを頼りに…

  5. hanaと浮世絵

    葛飾北斎 神奈川沖浪裏

    富嶽大波凶暴なほどに荒れ狂う大波、それにも…

  6. hanaと浮世絵

    葛飾北斎 鵙 翠雀 虎耳草 蛇苺

    瑠璃雀 蛇苺元絵の題名は( もず るり ゆ…

  1. 未分類

    かっこいい女性
  2. 未分類

    シルバーカトラリー
  3. 未分類

    とにかく暮らす!
  4. 未分類

    やる気スイッチ入る
  5. 未分類

    カナダからの手紙
PAGE TOP