hanaと浮世絵

葛飾応為 漁師図

漁師

漁師がキセルを咥え岩の上でくつろいでいる元絵をオマージュしたのですが、この元絵にまつわる面白い説がいくつかあります。

その中の一つが、この絵は葛飾北斎と応為親子の共作ではないかという説です。

応為は一度、北斎の絵師仲間の家に嫁ぎましたが、離縁されて戻ってきました。

その時に親子共々気持ちを改めて出直す気持ちの意味で描かれたモノではないかとの解釈がされています。

応為はどうやら、顎が出ている所謂”しゃくれ顔”だったようで、そこそこ裕福な婚家から質素な北斎の家に出戻った皮肉も込めて、みすぼらしい、しゃくれ顔の漁師という表現で現状を揶揄したのではないかとの説が有力のようです。

失敬な話ですが、そんな仄暗い現状を隠すことなく錦絵にしてしまうあたり、とことん浮世離れした浮世絵師父娘だと感心してしまいます。

hanaさんは女の子なのでキセルは似合わないと思い却下しましたが、何となく応為のしゃくれ顔の部分は残しておきたくて、hanaさんもしゃくれさせてみました。

しゃくれ顔のクマは意外に愛嬌良く仕上がったと思います。

この元絵は東京都墨田区が所蔵しているとのことなので嬉しい限りです。

絵師である私の母方祖父が漁師である親近感があり構図が可愛らしくtoricoroll webshopのバナーに仕立てました。

何となくしっくりとくるお気に入りの作品です。

関連記事

  1. hanaと浮世絵

    ロートレック ル・ディヴァン・ジャポネ

    「ジャポネ」世相を描き出すのが浮世絵だとし…

  2. hanaと浮世絵

    葛飾北斎 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ瀧

    「富嶽大瀧」ずい分とデンジャラスな場所で男…

  3. hanaと浮世絵

    歌川広重 真崎辺り水神の森内川関屋の里を見る図

    白川船頭元絵の題名が長いので、作品の題名を…

  4. hanaと浮世絵

    歌川広重 月と兎

    月兎月を一心に見つめる兎の姿とすすきの月影が風情がある浮世絵で…

  5. hanaと浮世絵

    葛飾北斎 神奈川沖浪裏

    富嶽大波凶暴なほどに荒れ狂う大波、それにも…

  6. hanaと浮世絵

    歌川国芳 坂田海童丸

    「金太郎」元絵は歌川国芳の坂田怪童丸です。モデルとなった坂田金時(幼名…

  1. 未分類

    みたび淀川・・・
  2. 未分類

    自然の脅威
  3. まち*ごと

    深夜の美術展in鳥取
  4. 未分類

    うっきぃの定位置
  5. 水曜日おひとりランチの会

    水曜日おひとりランチの会テイクアウト日
PAGE TOP