まち*ごと

山下清と鳥取砂丘

①砂丘73.3%②二十世紀梨7.6%③砂漠2.6%

県外の方々への鳥取のイメージは?という質問に対してのランキングです。

おおよそ70%の方々が砂丘と答えているということは、ほぼほぼ砂丘しかイメージに無いってことなんですよね。。。

もっと深く聞いていくと、3位に浮上している砂漠という返答が物語るように、サハラ砂漠のような広大な砂地が鳥取市の大半を占めているイメージを持たれていることにも行きつきます。

初めて鳥取砂丘を訪れた方は所々にオアシスの緑地を携え、海岸沿いの風光明媚に別のイメージを持たれることが多いようです。

鳥取砂丘 イメージ 

この2つのキーワードを考えると、ある画家のことが浮かんできます。

裸の大将 日本のゴッホ 放浪画家

山下清のイメージと言えば、さしずめこの3つがキーワードではないでしょうか。

テレビドラマでは、ランニングシャツに半ズボン、リュックサックを背負い絵を描く旅回りで、行く先々で土地の人情に触れ、おにぎりを貰い人助けをしていく水戸黄門様のようなヒーロー的描かれ方をされていました。

また、ある分野の専門家によるとIQが70~80と低く知的障害があり、絵を描く能力がずば抜けていることからサヴァン症候群であるとの考察もなされているようです。

サヴァン症候群と言えば映画「レインマン」のモデルとなった、キム・ピークが有名ですね。

特異能力を持つ賢人的サヴァンは世界でも100人以下の存在であるとのことです。

ただ私は、山下画伯が描いたこの鳥取砂丘のペン画を見ていると、ドラマティックに仕立て上げられた画伯のイメージに若干の違和感と危機感を抱いてしまうのです。

山下清の絵は障害者アートではない

作品の管理をされている、甥の山下浩さんが記者からのインタビューにて答えた言葉です。

「山下清のIQ70~80の数値は医学的に正式に図られたことは一度も無く根拠がありません。知能はそんなに高い方では無かったけれど日常生活に支障をきたすほどでもなかった。」

と、浩さんはインタビュー内で語られています。知的障害者養護施設に預けられていたけれど、戦前のことで、医学的診断がついた子ばかりが預けられていたわけではないとことです。

「絵を描く才能はずば抜けていたのでサヴァン的超人要素はあったのかもしれないけれど、絵を描くことを仕事と認識していたし、良い絵を描くための努力をしていた。」とも話されています。

魅力的な絵と売れる絵

山下画伯の鳥取砂丘のペン画を見ていて率直に感じたことです。

この絵はサヴァン的超能力な記憶で完全に実写された絵とは少し違う印象があります。

構図をしっかり計算され、画伯の心に残るものを忠実に描き出した美しい絵ですね。

しかしながら魅力的な絵でありますが、知的障害もしくは発達障害があり放浪癖のある天才画家というドラマティックな部分を全て無くして、一人の山下清という画家が描いた絵だとすれば、現在と同じ評価でこの絵が見れるかどうかは疑問なところです。

山下画伯が放浪しながらも絵で生計を立てることが出来たのは、少なからず仕立て上げられたイメージが良い方向でバックアップしてたことは否めません。

一般的にマイナス要素となる障害というモノが絵を売る為のプラスに作用しているということですね。

砂丘の無い鳥取って・・・・・

80%近くの方が鳥取=砂丘(砂漠)と答えているのですが、もしも鳥取から砂丘が消えてしまったら、鳥取県自体が認知されなくなってしまうのでしょうか。

そんなことは無いと思います。

毎年リピートで鳥取に来られている方々にお話を聞かせていただいたことがありますが、鳥取の魅力を伺うと、出会った人、宿で食べた料理、まちの穏やかな空気感、などの砂丘とは一切関係ない返答がありました。

砂丘は鳥取へ来ていただく為の”つかみ”であって、再鳥の魅力は全く別のモノであるわけですよね。

もしかしたら、鳥取=砂丘との概念に拘っているのは鳥取内部の人なのかもしれません。

障害者アートの概念にとらわれていると、山下画伯が描く鳥取砂丘の絵の本当の魅力は理解できないと思います。

私は山下画伯の鳥取砂丘の絵を見ていると砂丘に行きたくなります。

イメージや概念に拘っていると大切なコトの本質を見逃してしまう可能性をはらんでいるということなのですね。

 

 

関連記事

  1. まち*ごと

    デパートのチカラ

    本日も自論をぶちかまします!2019年9月14日 鳥取大丸がリニュ…

  2. まち*ごと

    城下から見る鳥取城跡 ゴッホ「星月夜」

    遠方からの造形美私は過去記事-鳥取城天球丸跡から見るまち-で記した通り…

  3. まち*ごと

    空家懐家リバイバル Claraさんのアトリエ

    右肩上がりの軒数鳥取のまちに限ったことではありませんが、空家となってい…

  4. まち*ごと

    若桜街道の防火建築帯

    私は年2回鳥取市中心市街地で行われる花と木のまつりをとても楽しみにして…

  5. まち*ごと

    倉吉市明倫「コレデ堂」 長谷川富三郎「富士曼陀羅」

    明倫AIR(アーティスト・イン・レジデンス)鳥取県中部の玄関口…

  6. まち*ごと

    WEBメディア脈脈 ポール・セザンヌ林檎とオレンジ

    智頭町鳥取県南東部に位置し、古くは鳥取藩の宿場町として栄え、面積の93…

  1. まち*ごと

    WEBメディア脈脈 ポール・セザンヌ林檎とオレンジ
  2. 未分類

    謹賀新年
  3. 未分類

    つよポン逮捕!
  4. 未分類

    とりあえず~
  5. 水曜日おひとりランチの会

    水曜日おひとりランチの会64元祖かに寿司
PAGE TOP